梱包緩衝材、包装設計、建築・土木部材、医療物流|ハイランドMP株式会社

会社概要

ごあいさつ/ President greeting

当社は、100年の歴史を持つ高島株式会社(東証一部上場)の100%子会社であるハイランドテクノ株式会社(HLT)とTメディカルパッケージ株式会社(TMP)が2018年4月に合併し、ハイランドMP株式会社と社名を変更しました。

HLTは、オリジナルな発想で企画・開発・製品化を目指し、樹脂ペレットや粉体を輸送するフレキシブルコンテナ、特殊機能繊維を主材料とした防火シャッターやサイロなどの繊維製品、災害時に瞬時に設営できる防災テント、過酷な状況で使用される自衛隊の車両幌等を提供してまいりました。また各官庁でもその提案力と高い品質が評価され、数多くの製品が採用されております。一方、TMPでは発泡プラスチック製品などを専門的に取扱い、包装緩衝材のみならず建築目地材や断熱材、さらには農業用土壌改良材として多方面に幅広く展開してまいりました。また医療物流において温度管理、定温物流に焦点を当て、日本を代表する医療機関、検査会社様、再生医療関係者様等にご愛顧いただいております。

これら2社の合併によりそれぞれの専門分野間のシナジーを促進し、蓄積されたノウハウと技術力を融合することで、皆様にご満足いただけるソリューションを提供し続けるとともに持続的な発展を目指して参ります。皆様には、引き続きご指導、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ハイランドMP株式会社 代表取締役社長 榎木治朗

企業理念/ Company idea

企業使命「事業を通じて社会に貢献」

高島グループは、オリジナルな発想を活かし、高島グループならではの方法で社会にアプローチし、積極的に世の中に役立っていきたい。そして、世の中に役立つことにより、その結果として高島グループも発展する…そんな企業グループでありたい。

経営姿勢「誠実一筋」

高島グループに従事する全ての者は、誠意をもって約束を守り、明るく素直で、また謙虚で、感謝の念を忘れず、法令遵守はもとより、規律を守り、正しいマナーを身につけることにより、信用と信頼を蓄積していく。

行動基準「自主・自発・自責」

高島グループに従事するすべての者は、「自主・自発・自責」を行動基準とする。常に向上を目指して自己研鑽と創意工夫を心掛け、チャレンジ精神とプラス発想でものごとを前向きにとらえて、自責で行動する。

「自主」: 自らが中心人物となって事にあたる姿勢
「自発」: 努力を惜しまず、苦難を恐れず、自分から進んで事にあたる姿勢
「自責」: 他人のせいにしたり、環境のせいにしたりせず、自分の事として問題に取り組み、周 りを変えようとするのではなく、自分が変わることで問題を解決していく姿勢

事業領域「多角的専門商社」

高島グループは、いくつかの専門市場分野において深く事業に精通し、またニーズに応じて付加価値をつけたりシステムやソフトを開発する能力を持つ。同時に創意的な知恵とチャレンジ精神で新しい事業に積極的に挑戦し、新たな専門分野で事業を確立していく。

物流資材・建築資材に関することなら、弊社までお気軽にお問合せください。

医療の定温管理物流に関することなら、弊社までお気軽にお問合せください。

災害復旧・工場向け製品、当社作製品に関することなら、弊社までご相談ください。